「香りのこよみ」ブログ引っ越しました

3秒後に新しいサイト(kaorinokoyomi.com)にジャンプします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油の産地を訪ねて~天然樟脳・樟脳オイル 福岡県みやま市~

8月上旬、福岡県みやま市の内野樟脳製造工場さんを訪ねました。
創業150年、国産の樟(くす)の木から天然樟脳と樟脳オイルを作られています。



当日は台風の合間の曇り空で、とても蒸し暑い日でしたが、
内野樟脳さんの前で車を降りた途端、カンファーのすっきりと
さわやかな香りが辺り一面充満していて、気持ちがしゃんとしました。
その香りから、大切な衣類をしまう時の防虫剤や、
幼い頃縁日で買ってもらった樟脳舟などを想い出しました。
工場の前に原料の樟の木が置かれています。



五代目樟脳師の内野和代さんに、樟の木の水蒸気蒸留の
設備を見学させていただきました。



80年以上前から使われている円盤型切削機で
樟の木をチップにするところです。
チップはベルトコンベアーで2階の蒸留釜の甑(こしき)に運び入れます。



竃(かまど)に火を入れ樟脳成分を水蒸気蒸留。
燃料は蒸留後の樟のチップを乾燥させて使うそうです。
燃やした後の灰もまた利用される行き先が決まっているとのこと、
無駄にするところがありません。



竃の後ろが蒸留釜。



二層に分かれた液体の上の方が精油の樟脳オイル。下が芳香蒸留水。
写真奥の四角の上蓋に地下水を流し、下の冷却槽で蒸気を冷やしています。
中では結晶と精油と芳香蒸留水に分離。
精油は樽に入れ更に時間をかけ、不純物を沈殿させます。



結晶を圧搾し油分と水分を取り除くための玉締め式圧搾機。
戦前から使用のものだそうです。
濾過用の麻網に入れて圧搾機に入れます。
樟脳作りは1週間のサイクルで行われ、約5トンの樟のチップからあわせて
30~40kgの樟脳と樟脳オイルを採取。



たくさんの労力と手仕事と熟練の技。
時間をかけて受け継がれて出来た樟脳と樟脳オイル。
大切に活用したいと思います。

香りのこよみアロマ教室でもサンプルで香りをお確かめいただけます。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィール

香りのこよみ

Author:香りのこよみ
広尾でアロマテラピーの教室を主宰するアロマセラピストです
HP: http://kaorinokoyomi.com/

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。