「香りのこよみ」ブログ引っ越しました

3秒後に新しいサイト(kaorinokoyomi.com)にジャンプします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七草がゆ

1月7日(人日)は五節供のなかの、七草の節供。
この一年の健康を願い、春の七草でお粥を作りいただきました。
古来より、七草がゆには、若菜の生命力に富んだ若さがめでたいものとされ、
青菜の不足する冬の時期にその補充の意味もあるとのこと。



左から、ハコベラ(ナデシコ科)、ゴギョウ(キク科)、スズシロ(アブラナ科)、セリ(セリ科)、スズナ(アブラナ科)、ナズナ(アブラナ科)、ホトケノザ(キク科の別名コオニタビラコ)



七草を塩を少々加えたお湯にくぐらせ切っていると、青葉のの香りが立ち上がってきました。
あらためて七草を見てみると、とても身近な植物が、ハコベとナズナ(ペンペングサ)。
幼い頃、おままごと遊びをしたときの匂いと同じでした。
その頃を想い出し、みどりの香りを味わいました。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

Menu

プロフィール

香りのこよみ

Author:香りのこよみ
広尾でアロマテラピーの教室を主宰するアロマセラピストです
HP: http://kaorinokoyomi.com/

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。